FC2ブログ

健康診断

痛みを伴う病気であれば、否が応でも気づく事ができる。
痛みを伴わない病気は、本人でもなかなか気づく事ができない。

昨日は市民病院の先生による肝疾患の講演を聞きに行きました。
肝臓は無言の臓器とも言われ、病気にかかっていても、体調の変化が分かりにくいので、なかなか気づく事ができません。

話を聞いて、健康診断は身体を見直すいい機会ですし、結果はもっと注意して見ないといけないなと思いました。
早く病気に気づく事ができれば、早く治療を始める事ができ、早く回復する可能性が出てくる。
病気のことを気にしすぎるのも良くないと思いますが、自分は大丈夫だと根拠なく過信するのもよくない、睡眠や食事など、いつもと違った時に自分で気づく余裕を持っていられることが大事なのではないでしょうか。

講演内容とは異なりますが、パワーポイントでのプレゼンテーションについても参考になりました。
スポンサーサイト

人口の減少は悪なのか

人口が減ると国力が低下する。
人口減少は止めなければならない。
そう思っていました。

しかし、人口減少は悪い事ばかりではないという説がある事を初めて知りました。
歴史人口学の速見融教授
現代人口学の津谷典子教授
労働経済学の樋口美雄教授
先生たちはその様に主張されています。

どんな現象においても賛否両論があります。
偏った意見に囚われず、幅広い知識を得て、自分の意見を持てる様になりたいと思いました。
カレンダー
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索